地を這うベース。地獄のベース。地球をうならす低音を求めて、女性ベーシスト、今日も修行中です。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
堀口ノアさん
今日は風邪なのでゆっくり働いています。
ぼーっとしてたら、ふっと浮かんできた歌詞に涙が出てきました。


~~

あなたが選んだその道は、決して間違いじゃないでしょう

かつて選んだその道が 今のあなたであるのでしょう

あなたが選んだその道は、決して間違いじゃないでしょう

~~


仕事中にたった一度しか聞けなかったので、
歌詞が全然正しく思い出せなくて、もっと繊細だったと思うのですが、
このようなメッセージソングでした。


70年代に堀口ノアさんという名前でデビューした
上杉勝也さんの新曲です。


今はヒーラーとしての活動の一貫としてライブ活動をされています。

スタジオで生で声を聞く機会に恵まれました。


声が深くて、体の中に入ってくるんだ。
アコギと混ざると…

夏の終わりの深い森の中、
樹々の間を風が通り抜けて、
その風が、ふっと体に当たって
風の言葉で話しかけられているような歌でした。

すごい。

親指に爪立てながら、涙を流さないように、聞いてました。

ライブ行きたい。

良い音楽は良い。

ちゃんと生きよう。
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示

検索してヒットしました
堀口ノアさん今も活動されていたたんですね。消息が分かってちょっとうれしいです。
某製薬会社のCMソング「白い朝」で透明な歌声を聞いてファンになったものの、当時中学生だった私はライブに行くなんて考えられないし、そのあと新曲も聞かないし・・・ もう一度歌が聞きたいけれど、今は主に裏方のお仕事なんですね。ライブもきっと東京だけなんでしょうね。すみません、キエマさんとは関係ないコメントで失礼しました。
くりす てる | URL | 2006/01/24/Tue 13:02 [EDIT]
堀口ノアさんについて
くりす てるさん、
コメントありがとうございます。

堀口ノアさんと検索されてこのブログをご覧になっている方が多いみたいで、お役に立ててうれしいです。

以前に青山で堀口さんの歌を聞いたときに、MCでお話されていたのですが、
デビューしてすぐ、長い闘病生活で、音楽活動ができない時期があったそうです。それ以降、詞と楽曲提供などで活動されていたようです。

今は裏方というよりも、音楽プロデュースをされています。
ライブ活動も、東京だけではないとおもいます。

私が今、一番尊敬している音楽家2人のうちのお一人で、恩のある方です。

ライブ活動の状況など、
ご本人からの承諾が得られる範囲で、掲載していきますので、
またチェックしてみてください。

とはいっても、私自身がぺーぺーなので、なかなかお話できるチャンスは少なかったりします。

わたしもがんばります。
キエマ | URL | 2006/01/27/Fri 18:04 [EDIT]
ノアさん
(はじめまして)初めてノアさんの歌を聞いたのは中学3年生の頃。美容院で流れていたラジオのゲストはノアさんでした。デビューされた頃だったかと思います。“これはレコードを買わなくちゃ!”と胸がいっぱいになりました。ファンクラブにも入り、深夜ラジオや、日曜の朝『日曜日は一週間の始まり!』という元気な優しい声を毎週楽しみに聞いていたのですが…。その後体調を崩されたと聞いて心配していました。最近になって今も音楽活動もされていると知りました。(遅ればせながら)とても嬉しいです!できるなら私もコンサートなどあれば行ってみたいのですが、もしご存知(可能)であれば教えて頂けないでしょうか?  
※日記を書かれたときから随分時間がたってしまっていて済みません!
マツムラハルコ | URL | 2007/08/26/Sun 13:46 [EDIT]
マツムラハルコさんへ
ごめんなさい。うっかり見落として、
コメントが遅くなってしまいました。

堀口ノアさんのライブは
最近2回見せていただきました。
今、CDを聞いています。

マツムラさんが
ライブの情報など入手できるように、
喜んでお手伝いさせていただきますので、
このコメントをごらんになったら、

本文にメールアドレスを書いて
「管理人にのみ通知」にチェックを入れて、
コメントつけておいてください。

宜しくお願いします。

キエマ | URL | 2007/09/01/Sat 11:46 [EDIT]

トラックバック
TB*URL

© 女ベーシスト キエマの日記. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。