地を這うベース。地獄のベース。地球をうならす低音を求めて、女性ベーシスト、今日も修行中です。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
才能について考えてみよう 

自分には才能があるのだろうか。

…って、変なこと考えちゃ、立ち止まってしまいます。


いや。そんなこと考えちゃうと、
正直、ぜんぜんなにもないです。



断言できてしまうことが 悲しいなぁ。




自分は何をやってもダメなんじゃないか。

とか、へんな考えにとらわれて、
身動きができなくなってしまうときはかなりヤバイ。


私はこれを『呪い』と呼んでいます。


『祝い』じゃないよ。

似てるけどね。



あと、『穢(けが)れてるなぁ』とかも言います。
(穢れ=気枯れ)


こんなときは、とりあえず、

心の中で
焚き火を囲んで
脳内ダンスです。

長槍を持って鼻の下には骨。が、私のスタイルです。






ドンドコドコドコ、ドンドコドコドコ、

ヤー!ヤー!


フンババフンバー!

エイホホエイホ!


20051121091805







はい。


音楽業界は多くの人が生まれて、
多くの人がいろいろな事情で消えていきます。

そんなのを見ていて、才能のあるなしと、その人が輝きつづけられるかどうかはあまり関係ないのかもと思います。




生まれ持った才能があるのに
自ら消えていく人が、とてもとても多いです。




では、残る人の共通点はなにかな。
って探してみると、いくつか思い当たって、

そのうちの2つは、


○あんまり損得を考えてない。


○興味のあることに何の迷いもなく突進していく。

この2つは そうかなぁ。と。


少し動物的です。

でも、簡単ではなくて、ムヅカシイです。

損得、

プロとかアマチュアとか、ラインを引かない。



とか。




プロにならなければ嫌だ。


これは何か すこしキツイです。





そして、そんなこだわりを一切飛び越えた女を発見しました。


トラックバックの仕方がわからなかったので、
リンクです。



名前。ずぼってぃ。


あえてかわいらしくひらがな表記にしてみました。

女性ですが、

女性という呼び方では何か余計な物がくっつく感じがあります。
生物的に特別表記をつけたいくらいジャンルが違います。




彼女のブログを見ていると、
キズだらけでカメラと巨大なレンズを持って
駆けずり回る
サバイバルアナコンダ。


うぅーん。
表現がアマゾネスぽくなってしまいましたが


とにかくステキな写真を撮るひとです。


彼女に才能があるとかないとか、
私にはわかりません。


ただ、写真からすごいエネルギーが伝わってきます。
だから、もしかしたら彼女は天才なのかもしれません。

でも、それは才能とかそういうきれいなものじゃなくて、

血液の沸騰のような。

カメラを構えたら、思わず鼻血が出ちゃった的な
そんなふうに、生命力がどぼぼーーっと溢れている感じを受けるのです。




好きなことをとことんやる。

これだ。

ほんとかっこいい。



そして、自分の計算づくの嫌らしさに気づいてちょっと泣ける。

また、がんばる。

スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© 女ベーシスト キエマの日記. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。