地を這うベース。地獄のベース。地球をうならす低音を求めて、女性ベーシスト、今日も修行中です。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
命名:おやかた。
昔々、フェンダーという会社に、
超ベテランの技術者さん達が、
魂をこめて一本を作り上げている
楽器シリーズがあったとな。


技術者さん達は世界にも数少ない
トップクラスの楽器製作狂いさんで、

フェンダー社では彼らのことを

マスタービルダー

と呼ぶことにしたとな。



その中のひときわ素晴らしい狂人に、
ジョン・イングリッシュさんちう方がおるそうな。








えと。

年の離れたおじさんたちの話をすると、
なぜか昔話風になりますね。



さて、この方のお作りになったベースが、
前に書いた、最有力候補であります。

⇒『最有力候補、どうするの!』(2006/11/4)






このベース、話かけてきます。





ホントです。


オカルトじゃないよ。



もう一度言います。

私は、彼の話を聞きました。

彼は言いました。

「ぬるぬる弾くな。しっかりひけ。まぁいいけどな。
くねくねしやがると良い音しねーんだぞ。
今のおまえはこんな程度の音しか出せないのか。あ?
くやしかったら、ちっとは気を入れてひかねーか。」


まるで宮大工(親方)です。まるで漆塗り工芸の職人(親方)です。


私は一瞬ひるみましたが、頑張って弾いてみました。


「どぅーん、ど、どぅーん。」

そして、気を入れて弾くと、
ちょっとだけやさしくかえしてくれるのです。


そう、こんな感じでした。

 >私--親方、聞いてください。こんなかんじでしょうか。
 >親方--(無言のままかすかに微笑む。)


その後、練習に対するまじめさが増大しました。



楽器を育てるという話はよく聞きますが、


私は楽器に育てられました。



会ったことのないジョン親方、どうもありがとうございます。
親方とよばせていただきます。

どうぞ長生きしてください。


がんばろう。

ジョン親方はこんな人
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示

はじめましてキエマはん
あんたおもろいわ(^^♪
焚火音楽亭 実験室 | URL | 2005/11/17/Thu 11:36 [EDIT]
焚き火音楽帝実験室
おぢさん、良いことしてますねー。

今の40代50代は最高です。
(勝手に年齢断定しました)
現役で国家権力と戦って、
現役でロックの真っ只中でレコードを聴いてきた世代最高!

本気でうらやましい私です。

どんなおやじか知りたい人は…
▼焚き火音楽堂実験室
http://takibiongaku.blog24.fc2.com/
キエマ | URL | 2005/11/17/Thu 12:30 [EDIT]

トラックバック
TB*URL

© 女ベーシスト キエマの日記. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。