地を這うベース。地獄のベース。地球をうならす低音を求めて、女性ベーシスト、今日も修行中です。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
人間関係
このごろ、人間関係に悩んでいる。という話をよく聞くんです。

話を聞くと、大切な人がわからずやになっていたりとか、
自分の事を理解してくれないとか、
そういう話が多いです。


私の場合は…。


私が考え事をしている横で、


スプーン一本動かすたびに、



「…っしゃ!…んん…ぬふっ!ふんっ!」



という、うっとうしさ1000パーセントな 掛け声をかける人がいて、
ちょっとあんたうるさいよ?おだまりなさい?


っていうくらいでしょうか。



あと、



男の人相手の会話の最後にいちいち「うふ♪」とつけながら、目を潤ませる人が気になって仕方がない。



とかでしょうか。



あと、



………。



より深刻で、生々しいことを、つぎつぎと思い出し始めてしまいました…。



私自身が、過去にも現在にも未来にも
問題が山積みな人間なので、

誰かの相談にのれるような状況ではないのは承知なのですが、



誰かが 悩んでいることを知ると、


なんとかしてあげたい。


と、


自分の力を考えずに


つい思ってしまいます。




私はバカなので、



暴力で解決。


金で解決。


縁を切る。


倍にして返してウサを晴らす。



そんなことくらいしか浮かばない。




本人は大変なのに、





私には何の力も知恵もない。




ただ一つ 間違いなく 言えるのは、




私の大切なあなたを苦しめる誰かが、とっても憎たらしいよ。




です。




でも困ったことに、


その憎たらしい人は、


私以上に、


その人にとって


大切な人だったりすることが多いので、



私にとっても、


憎たらしいけど大事な人。


ということになってしまいます。





私の周りにも、



身勝手で、憎たらしくて憎たらしくて仕方がないけど大切な人たちが



いる。



大切なのはわかっているけど、



今は、大切になんかしてられるかよ。バーカバーカ。うんこたれ。

おまえのかーさんでーべーそ。ざーまーかんかんかっぱのでべそ。




という気分です。





しばらくぶりで更新したと思ったら、

こんな風でごめんなさいだよ。ほんとに。



(1764bytes 882文字)
スポンサーサイト
page top
おばけ

いよいよ本格的に夏らしく暑ーくなってきましたね。

夏といえば、ホラーの季節。

子供の頃、「あなたの知らない世界」とか「13日の金曜日」とか見て、トイレにいけなくなったので、いまだにお化け屋敷などは入れません。

下の絵のモデルは、

お岩さんです。

おばけさま


日本で5本の指に入る、有名な女性のおばけさんです。東京四谷出身。
お墓が巣鴨にあるそうです。巣鴨は駒込の隣です。
近いなぁ。怖いよ。

今なら、2500円で、あなたも お岩さんになれます。


お岩さんマスク ←写真が怖かったです。


お岩さんになりたかったあなた。今こそ、その夢をかなえてください。


そんな誘いに、

そうかそうかと、
うっかり乗ってしまう
おっちょこちょいは、

いませんか?



全然関係ないですけど、

個人的な恐怖スポットとして、

図書館があります。


なんでか、


図書館、



絶対一人で行きたくないです。


そんな私は、昨日、夢でうなされました。

あなたと私の安眠を願いながら、
…おやすみなさい。

          キエマ

(1029bytes 514文字)
page top
光と影


東京地方のお天気、

昼間、サラッと雨が降ったお陰で今日は 過ごしやすかったです。


あぁいいねぇ。こういう日曜日好きだよ。

富士山に登りたい。




さっき、光と影について考えてみました。



ある立体に、光があたると、


反対側に、影ができる。



強い光をあてると、



濃い影ができる。






その立体が、人間の集合だとして、


全員に光をあてるためには、

四方八方から照らしてあげればいい。



でも、


真ん中あたりに居る人には、


影ができてしまう。



全員に影ができないようにするには、



全員が、自分で発光できるといいんだけれど、



そんなふうにエネルギーを使わなくても、



影があることを、


そのままに受け入れられれば、



濃い影の時の 良さにも、気づけるのかもしれない。






だけど、私の場合、


この場合の影。というのが、



人生の悲しみとかいうことではなく、



私の前髪の短さの やるせなさ せつなさ とりかえせなさに

結びついているということが、


なんというか、大人にしては、

どうにもこうにも 薄っぺらくて 残念だな、と。


そのうえ、せっかく かっこいいこと考えても、
タンクトップとパンツイッチョウだし。

なんだかなぁ と。自分自身に脱力する 夏の夜です。




おやすみなさい。


        哲学ぽいののやりそこね キエマ


(1137bytes 568文字)
page top
井戸


すっかり忘れていたのですが、

子供の頃住んでいた家には、井戸がありました。

ガッゴンガッゴンってくみ上げるポンプがついてました。

ガッゴンガッゴン。と動かして、少しすると、

直径7cm位のクチの所から
冷たい水がダバダバ流れてくる。


水道水のような臭いもなく、
水道管に留まっている、おどろおどろしいどろんとした感じもなく、

さらさらした 生きてる 冷たい水。


あの井戸が、また 欲しいなぁ。

くみ上げの地下水ってすごく気持ち良いんだ。




子供の頃の、いろんな記憶を、

すごい勢いで忘れつつあります。




今、ゴミって回収されてますけど、


私が小さい頃は、庭先で燃やしていました。


よく手伝わされて。



生ゴミだけは、燃えないから、


回収に来るんですが、



その回収は、


なんと。



馬車。






ろば?



ロバだったのか 馬だったのか、気憶が曖昧ですけど、

馬。だったと思います。





…。


私そんなに年とってないからね?




田舎だったからなのか、

お豆腐やさんも、おじいちゃんがラッパを吹いてリアカーで売り歩いていました。

パーーーーーポーーーーーー。っていう、ちょっとフラットした感じのラッパの音。



あと、

ドン。という名前の お菓子を作ってくれるマシーンも
一年に何回か来ていて、


お米を持っていって、何十円かを払うと、

大砲みたいなマシーンに、
お米をセットして、

おじさんが火をつけてくれて、


でかーい音で


「ドン!」って爆発音がしたら、


網の箱の中にお米のポップコーンみたいなのがたくさん出来てる夢のようなお菓子マシーンです。




生協の広い駐車場に初めてサーカスが来て、町中が大騒ぎになったり、

その同じ駐車場で、数年後に見知らぬおじさんが車の排気ガスを引き入れて自殺
していたり、

顔見知りの、小さな女の子が、ある日、

ローラー車に轢かれて、跡形もなく亡くなってしまったことや、


大人に見えるのに、私たち子供と一緒になって遊んでいる少し知恵の発達が遅い
おじさんや、


宗教にはまってしまった、隣の大学生。

下宿させていた学生と駆け落ちしてしまった、おばさんや、


義手で色白で凶暴な近所のおにいちゃんや、



なんだか、


他の国の出来事みたいに、薄れていきます。







今日は、日が暮れてから そんな事ばかり考えてました。


夏だからですかね。



          キエマ



(2179bytes 1089文字)
© 女ベーシスト キエマの日記. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。