地を這うベース。地獄のベース。地球をうならす低音を求めて、女性ベーシスト、今日も修行中です。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
ある日の夜

ある日の夜、


打ち上げの席、


寅さんで有名な、葛飾柴又お土産の
おいしいお団子を
みんなでいただいていたところ。



帝釈天の写真なども見ていたんですが、



「たいしゃくてんてなんですか」



という声が。



なにぃ?



答えるのは、大人たちの役目。





「それはね。高利貸しのことだよ」







大借店





「今で言う、ア●ムとか、ア●フルみたいなものだよ」





その後、どうでもいい話をいっぱいして、


お絵かきタイムになった。


みんなにお題をもらって、絵を描きます描きますかきますよ。







いきなり。




「お題。歌川広重」




…はい?







広重








…。






…はいつぎ。






「お題。おかっぴき」






…それ!…好きだ。







おかっぴき










「お題。奥多摩」








…。




………。





わかった









おくたま







(右のまるいのは、山手線です)
(横棒は、中央線です)






私は夜が弱いのです。

だから、打ち上げはいつも眠いです。

でも、楽しいです。



おやすみなさい。





(C)Kiema 2006
スポンサーサイト
page top
宇宙的スケールの顔文字

昨日、仕事上の著作権云々の用件で、

音楽業界のすごいえらい人にメールを送信しました。


特に、今のデジタル音楽業界を、この方なくしては語れない、
という方です。


もちろん私は万全の敬語です。



そして返信、


その方が使った顔文字が、、、、







これです!










(’・;)







!!!!






???????




!!!!!!!!!!!!




なに?これ。




は?





ぜんぜん

わかんないや。




過去に見てきた顔文字の数々が、


走馬灯のように脳内を駆け巡ります。



象形文字までもがかけめぐります。


トンパ文字だって、それらしく駆け巡ります。

凡字だっていけちゃいます。




ですが、
何にもマッチしません。





そしてふと気づきました。


自分の持っている、「枠」の存在。


顔文字とは、こうあるべきだ。という枠。



目があるべきだ。


口があるだろう。




顔文字のようでいて、顔文字ですらない。



ああ。




宇宙なのですね。






そして、


ロックですね。



ちょっと真似して、
私も宇宙的顔文字を行ってみます。




(”’(





どうでしょうか…。

自分でも何が表現したいのか、
わからなくなったところで筆を置きます。





※ご本人に掲載の許可をいただきました。



© Kiema 2006


page top
おじいちゃんとおばあちゃん
近所のカメラ屋に仕事でつかうCDとかMDとかをよく買い物に行く。

お店は近所の年金暮らしのおじいちゃんとおばあちゃんだらけ。

いつも繁盛しています。集会所です。

壁のテレビがBGM代わり。

みんな写真が大好きで写真の話でいつも盛り上がっている。




ある日…。


水戸黄門、放映中の出来事。


私は支払いをしていました。



お店には相変わらず、おじいちゃんとおばあちゃん達でいっぱい。



と、そこに、


テレビからセクシーな女性の高音が…。


「いやぁ!おやめください!どうか、おやめください!…」



!!!


光速のスピードで、ザザッっという衣擦れの音がして、

全員が無言でテレビを振り返った!

会話全てストップ!


店内に響き渡る、お代官と町娘のセクシーバトル!

くんずほぐれつ。


いやぁ。肩身せまかったです。



長く生きるってこういうことですから。




ベース練習しよ。


page top
巨大金柑だ
20051116172112

宇宙には、
このように巨大な金柑がありました。

じゃあまたねっ




© Kiema 2005
page top
Birthday
先日、スタジオでH君の誕生日のお祝いをした。


ずっとそんな習慣無かったのですが、

人との出会いというものが、人の誕生にはじまって、

ほんとうに貴重な必然の積み重ねだと感じるようになったので、

数年前から、誕生日を大切にお祝いすることになっている。



そんな私たちは感性の高い大人たちですね。



秋の香り濃く、格調高い気品ある褐色の夜。



一番盛り上がったのは、巣鴨の銭湯が超汚いんだぜ。という話題。



そんなハートウォーミングな誕生日。



H君、おめでとうさま☆

© 女ベーシスト キエマの日記. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。